5月は雨の日も多く梅雨のような感じでしたが、6月になり晴れの日も蒸し暑くいよいよ本格的な梅雨のシーズンが訪れるような陽気です。霊園内は、春の花は咲き終わって、6月に咲く花が咲き出しました。

  

  

やはり、紫陽花の花を一番に思いうかべますが、今咲いている物は早咲きの品種でほとんどがこれから咲き出します。ヤマボウシの花は今が満開の状態です。木の上の方に咲くため見えない物が多いのですが、花の形が特殊なので他の花と容易に区別できます。ジュンベリーの実も名前のとおりこの時期に熟して赤から黒に変化する様子は綺麗です。やがて鳥たちの餌になって気が付くと無くなってしまいます。今の時期に私が一番目立つと思う物は、あぶらぎりの花です。

沢山あり全て自生しているように思うのですが、里山内には生えている物がなく、寺の周辺で咲いています。もしかしたら、昔から身近にあったので私が自生種だと勘違いしているだけで、昔誰かが植えたのかもしれません。遠目に見るとただ白色の花に見えますが、近くで見ると真ん中が赤と黄色になっており綺麗です。まだ咲き始めですが、シャラノキの純白の花色も趣があって良いです。作業が遅れるのは困りますが、雨の日は雨の日なりに発見があります。最近の大雨は非常に迷惑ですが、シトシトと降る梅雨の雨の日は結構好きなのです。