12月になって、少しずつですが冬らしくなってきました。曇りの日は、朝から寒く外に出るのがおっくうになります。また、今年もあと少しで終わりかと思うと、ただただ日々をやり過ごしていたような気がしてブルーな気分になります。「少年老い易く学成り難し」と言いますが、全くそのとおりの人生を今年も歩んでしまった中年の私は、今の時期、毎年のように同じ気分になります。

DSCN9890  DSCN9926

DSCN9917  DSCN9885

DSCN9920

霊園内の紅葉はかなり進んで、あとは少しずつ葉を落として行くと思います。ドウダンツツジは、どの木も同じ様に紅葉していますが、モミジは、個体によってかなり紅葉の色合いが違います。全体が真っ赤に紅葉した木も美しいですが、所々が赤や黄色にまだらに紅葉した木の方が綺麗に感じます。木々の紅葉が終わると園内の色合いも寒々とした感じになりますが、マンリョウやクロガネモチの木に成った赤い実が目を引きます。その実も熟してくると鳥たちに食べられて、気づくといつの間にか無くなってしまいます。

園内の管理はひと段落しますので、これからの時期は道の整備などの土方作業となります。非常に疲れますが、何かを造ることに創造力を使うのは面白いので結構好きです。