ゴールデンウイークも終わって、太陽の日差しはかなり夏らしくなってきました。外で作業すると日焼けしたことがわかります。本来は肌が白い方なのですが、真っ黒になります。霊園内の花も春の終わりに咲くシャクナゲが満開です。花も大きく、色も濃いピンク色なのでとても目立ちます。

DSCN0242  DSCN0254

DSCN0244  DSCN0247

DSCN0263

自生している木もエゴノキやヤマボウシが咲き出しています。この花たちが咲くと梅雨が近いはずなのですが、今年は随分と早く咲き出しました。霊園のパンフレットの表紙の真ん中に写っている株立ちの木がエゴノキです。高い所に咲いているため気が付かない人も多いかと思いますが、白い小さな花で良い香りがします。

ヤマボウシも木の上の方に咲くため気が付かないと思いますが、手裏剣の形をした白い花です。花の形は珍しいですが、香は特にありません。最近はエゴノキやヤマボウシをシンボルツリーとして庭に植えてある物を見かけますが、本来は山に自生しています。霊園内の環境に合っているからだと思いますが、エゴノキやヤマボウシは、種から芽が出た物が沢山生えています。今年は、夏が早く訪れるような気がしますが、暑いのが苦手なのでマスクが苦痛です。早くコロナが収まれば良いのですが。