9月23日の秋分の日、お彼岸の中日に合同供養会を行いました。台風の影響を心配しておりましたが、当日は気持ちの良い秋晴れとなりました。

読経

 

60名程のご参加をいただきました。最初に当霊園の埋葬者様とペットのために全員で般若心経をあげて、ご焼香いただきました。次に霊園ご利用者のお身内の渡邉さんにバイオリンを弾いていただきました。曲目は、「クライスラー愛の挨拶」「おひさま、見上げてごらん夜の星を」です。バイオリンの音色は、本当に心に響くものがあります。多くの方々が涙しておりました。私も思わず涙してしまいました。次にバイオリンにあわせて「花は咲く」「涙そうそう」を合唱しました。美しいバイオリンの音色と歌声はきっと皆さんの大切な人に届いたと思います。

ご参加いただいた方々、どうもありがとうございました。そして何よりバイオリンを演奏していただいた渡邉麻衣さんに感謝いたします。今後もよろしくお願いします。

独奏合唱

 

PS.最後に涙で顔をくちゃくちゃにしたご婦人が「前回よりずっと良かったです。」と私に駆け寄っておっしゃいました。確かにすごく良かったです。ただ、前回は私が法話した気がしますが………。すべて含めて、ありがとうございました。