新緑の季節になり、樹木葬霊園内も柔らかな緑に覆われて非常に美しいです。アゲハ蝶も飛び回って、今年は本当に季節の進み方が早いです。早咲きのシャクナゲはほぼ満開の状態で、つつじ類も沢山咲き始めてにぎやかです。

DSCN0165  DSCN0185

DSCN0167  DSCN0172

DSCN0173

日によっては、まだ肌寒さを感じる時もありますが、天気の日は、吹く風が爽やかで、落葉樹の新芽が風に揺れる様子を見ていると里山全体が生命に満ちあふれているように感じます。艶やかに咲くシャクナゲも美しいですが、やはり、今の季節の里山の新緑の美しさは格別だと思います。まだ、新芽が出ていない物もありますが、やがて柔らかな緑も濃くなって、どの木も同じ緑に覆われて行きます。鳥たちも新たに命を引き継ぐために盛んに飛び回っているようです。

毎年、繰り返されることですが、青空の下でそんな様子を見ていると私も命と言う事を改めて考えさせられます。