立春を過ぎましたが、ここ数日は非常に寒く真冬の様です。この時期は本来、これぐらいの気温が当たり前なのでしょうが、暖かな日が続いたので非常に寒く感じます。先日の暖かな日に、初めてウグイスの声を耳にしたのですが、今日は、今年になって初めて外にある水道が凍り付いていました。

DSCN9020  DSCN9018

DSCN9014  DSCN9009

DSCN9031

霊園内は、北風が吹くと耳が痛い程です。南の斜面は冬でも暖かい為か、紅梅が満開になっています。寺にある白梅は日当たりの悪い場所に有るので、まだ3分咲きと言ったところです。メジロたちが盛んに蜜をついばんでいます。梅に近づくと梅特有のとても良い香りがします。また、先日のテレビで南房総のスイセンが沢山咲いていると言っていましたが、私のところでもスイセンが咲き出しました。スイセンの花も特有の香りがあります。早春の花は香りがある物が多いのでしょうか。花によって様々な香りがします。また、花は派手ですが全く香りのない物もあります。

良い香りの花は、早春の花に多いように感じます。人には五感がありますが、私は山の中に住んでいるせいか、音や臭いに敏感です。普段、静かなところに居ますのでざわざわとした場所は苦手です。また、自然の息吹を感じるような臭いは好きですが、人工の香水のような強い臭いは苦手です。

霊園内は風の無い穏やかな日は、静かで時折、鳥のさえずりが聞こえてきます。また、空気も澄んでいて自然の息吹を感じることが出来ます。私自身が一番落ち着ける場所なのです。