年が明けて、すぐに数日が過ぎてしまいました。天気が荒れ模様で日本海側では大雪を降らし、千葉でも風の強い日が多いです。園内では、やぶ椿の花が咲き、メジロたちが蜜を求めて集まっています。

日当たりの良い場所の紅梅は咲き出しましたが、落葉樹はすっかり葉を落として枯れ木の様です。また、芝生も冬の様子で寒々とした感じがします。ただ、落葉樹を近くで良く見ると春に備えて、葉っぱの芽がしっかりと付いています。

DSCN8935  DSCN5493

DSCN5554  DSCN8964

DSCN8975

これから最も寒い時期を迎えますが、春をじっと待っているようです。私も寒い中での作業は気が進みませんが、春に向けて頑張らなければと思います。この時期、嫌なのは空気の乾燥です。ちょっと油断するとすぐに喉を傷めてしまいます。また、コロナも乾燥のせいで多いのでしょうか。とにかく、早くコロナの心配がなくなってほしいものです。