ここ2,3日はまさに初夏と言う陽気でした。ゴールデンウイークは、お参りの方や見学の方で霊園は賑わいましたが、現在は普段の静かな場所に戻りました。

現在、最後に咲くシャクナゲが咲き始めましたが、皆さんがお越しになった時はまだ咲いていなかったと思います。アンナローズホイットニーと言う品種です。名前だけ聞くととてもシャクナゲだと思えませんが、ピンクと言えばこの色だろうと言う様な大きなピンクの花を咲かせます。

DSCN4564 DSCN4562

DSCN4565

また、木自体もシャクナゲとしては大きな木に育ちます。6年ほど前に1m程度だった物が現在は私が手を伸ばしても天辺まで届かないまでに成長しています。この花が終わるころ春も終わり、夏が訪れます。

来年もまたこの花を見ることが出来るでしょうか。

人の寿命と言うものは誰にも分りませんので、シャクナゲ好きな私は、最後に咲くこの花を見るとそんな事を考えてしまいます。

静かになった霊園で、一人ゆっくりと花を楽しむことにします。