市原南霊園には、色々な桜がありますが、ソメイヨシノ、陽光、山桜などが満開になっています。毎年のことですが、桜の季節を迎えると何となく心が浮ついて来ます。

  

  

ソメイヨシノは満開になると木全体が白く見えます。全国各地に植えられた桜はほとんどがソメイヨシノだと思います。コロナの心配さえなければお花見でにぎわっていたのでしょうが、残念ながらまだ、人混みに安心して出かけることが出来ません。陽光はソメイヨシノよりもピンクが濃いので全体がかなり派手な印象になります。園内にある山桜は、全て自生していた物で大木になっています。花と葉が同時に開くので赤みを帯びた白に見えます。遠くの山々の桜も開花しており、普段はどこにあるのか分かりませんが、この季節はどこに桜の木が自生しているのかよく分かります。

もう少しするとぼたん桜が咲き出すと思いますが、その時期には園内のシャクナゲも咲くので、一年の中で最も華やかな季節となります。また、草も伸びだすので草取りに追われる季節になります。その日に何をするのか事前に決めて計画的に過ごさないと後で大変な目に遭うのでちょっと憂鬱なのですが、しばらくの間は桜を眺めて楽しむ事とします。