4月になって園内には色々な種類の桜が咲き出しました。山桜や大島桜は、自生する原種です。原種の桜は、花と葉が同時に出て来ます。山桜の葉は、赤みを帯びていて、大島桜は薄緑色です。花も綺麗ですが、柔らかな葉の色もとても綺麗です。染井吉野をはじめとする園芸品種は、花が咲いた後に葉が出てきます。冬の間、枯れ木のような様子だった木が花いっぱいに覆われる様は、本当に美しく感じます。

DSCN8083  DSCN8079

DSCN8067  DSCN8073

DSCN8070

また、原種の桜は一重咲きですが、園芸品種には多くの八重咲きがあります。現在、品種名は忘れましたが白色の八重桜が咲いています。園内には数種類の桜が植えてあります。これから咲き出すピンクの八重桜も綺麗です。桜にも沢山の園芸品種があり、植物好きの私は色々な種類を集めてみたい気がしますが、一般に出回っている物は数種類で、入手するのが難しいようです。桜が咲き出すと春を感じ、何となく心が動かされるのは日本人特有の事なのかもしれません。

昔、西行法師が、「願わくは 花のもとにて春死なむ その如月の望月の頃」と歌った気持も分かるような気がします。もっとも、「花より団子」と言う事も捨てがたいですが。