三月中旬から暖かな日が続きました。例年よりも随分早いと思いますが、陽光と言う桜が満開です。山桜も個体によって咲き出す時期が微妙に違いますが、早いものは咲き出しています。

DSCN8046  DSCN8053

DSCN8037  DSCN8043

染井吉野はまだ数輪咲いているだけです。陽気は暖かなのですが、空は曇りの日が多く、青空越しに桜の花を見られないのが残念です。ハクレンやモクレンも満開の状態です。風で花が傷みやすいので、おそらく数日で見頃の時期は終わりだと思います。

また、早咲きのシャクナゲも咲き出しました。シャクナゲは沢山の種類を植えてあり、咲く時期も花色も違います。これから五月中旬頃にかけて園内を彩ります。現在咲き出した物が一番好きなのですが、品種名が不明です。2本ありましたが、1本は数年前の大雪で根元から折れてしまいました。残された1本をどれよりも大事にしています。

不思議な物で植物も手をかけた物とかけない物とでは、花の付き方が違います。多分、一番身近な存在の妻にも同じようにしていれば、怒られる事も無いと思いますが、何より、植物は口を利きませんからね。(また、怒られそうです。念のため言っておきますが、感謝の気持ちはちゃんとあります。)