まだ天気が変わりやすいですが、晴れの日は秋らしくなりました。朝夕はだいぶ寒くなりました。日中は太陽が出てもムシムシしていないので心地よいです。毎年のことですが、キンモクセイの花が咲いて良い香りがすると同時に、彼岸花が咲き出します。私はそれを見て秋の訪れを実感します。例年だとその名のとおりに彼岸の頃に彼岸花が咲き出すのですが、今年は天候不順のためか、咲き出しが遅いです。彼岸花は、寺の境内や霊園内や所々に沢山咲いています。

DSCN9644  DSCN9648

DSCN9653  DSCN9659

DSCN9649

霊園内の花は私が植えた物ですが、境内の物は私が幼い頃から咲いていますので、何代か前の住職が植えた物だと思います。キンモクセイの香りも彼岸花が咲いている期間もあまり長くありません。桜の花が咲いているのと同じぐらいの期間だと思います。私は、桜とキンモクセイと彼岸花に特に季節感を感じます。いずれも咲いている期間が限られているからだと思います。また、空を見上げると夏の頃の雲とは違って、秋らしい感じがします。台風シーズンですが、幸い今年はまだ直撃は免れています。このまま台風が来なければ良いのですが、去年のような目に遭うのはご免こうむりたいものです。