立春を過ぎて数日が過ぎましたが、北風が吹く日は非常に寒いです。そんな時期ですが、河津桜は例年よりも早く咲き出して現在は八分咲きと言ったところでしょうか。白梅もほぼ満開の状態です。河津桜や白梅がこれくらい咲き出すと例年だとウグイスが鳴き始めるのですが、ウグイスはまだのようです。

DSCN0089  DSCN0061

DSCN0074  DSCN0057

DSCN0060

春一番も例年よりもかなり早く吹いたようで、暖かな冬なのでしょうが、日本海側で大雪を降らせたように北からの風は耳が痛くなります。空気は澄んでいますので、雪に覆われた富士山や房総丘陵の山の稜線は綺麗に見えます。里山の落葉樹は相変わらず枯れ木のように見えますが、少しずつ葉の芽が膨らんできたように思います。

一ケ月後には大分、様子も変わると思いますが、霊園全体がまだまだ冬の装いです。雪の心配はしなくても大丈夫な気がしますが、2月下旬までは安心できません。